審美治療とは

その人の印象を左右するものには、服装や髪型などありますが、その中でも最も大きな要素の一つとして、美しい口元から作り出させる笑顔があります。
審美歯科とは ”美しさと機能性” という2つの側面を満たすことを要求される大切な歯科治療です。
「悪くなったから治す」ではなく「美しくするために治す」のが審美治療の分野といえます。


【 硬質レジン前装冠 】 ※保険治療
 
【 メタルボンドクラウン 】 ※自費治療
微妙な色調、透明感が再現できません。
色調
天然歯と見分けがつきません。

2〜3年で黄色〜茶色へと変化することがあります。

色調の変化

色の変化はありません。

材質がプラスチックなので、表面が擦り減りツヤがなくなることがあります。
磨耗
硬質なので、磨耗しませんが、強い衝撃で欠けることがあります。
水分を含むので、プラークがつきやすいため、口臭の原因となることがあります。
プラークの付着
吸水性がないので匂いを発生しません。


【 オールセラミッククラウン 】 ※自費治療

メタルボンドクラウンとの違いは、更に天然歯に近く、金属を全く使用していないので、金属アレルギーが心配な方にも安心してご使用いただけます。
@腐食や変色の心配がなく歯ぐきが黒ずむことがない。
A透明感があり、天然歯と見分けがつかないほどの色と形が再現でき、極めて審美的効果が高い。


【 ポーセレンラミネートベニア 】 ※自費治療

1本の歯をすべて削ることなく表側の1部分のみで天然歯の色調と形態を回復することができます。



 オールセラミックス 術例1

 
術前
 
術後

形成段階


 オールセラミックス 術例2

 
術前
 
術後


 ラミネートベニア 術例

術前

 
術後
 
術後


 オールセラミックス + ラミネートベニア 術例1

 
術前
 
術後


 オールセラミックス + ラミネートベニア 術例2

 
術前
 
術後